本文へスキップ

  

2016(平成28)年度定時総会開催

2016年定時総会を、2016年6月8日(水)15時30分より銀座東武ホテルにて開催した。


第1号議案 平成27年度事業活動報告ならびに収支決算報告
第2号議案  新規役員選出(新監事選出) 
第3号議案 平成28年度事業計画案ならびに収支予算案について
 上記議案はいずれも本定時総会において承認された.

2016年度 役員
 会  長  松田 直行   凸版印刷株式会社 常務取締役
 副会長   白川 年男   森永製菓株式会社 常務取締役
 副会長   田 義博   日本製薬団体連合会 常務理事
 副会長   上河 潔    日本製紙連合会 常務理事

各議案内容及び審議状況
 『第1号議案 平成27年度事業活動報告ならびに収支決算報告』
議長から専務理事へ報告するように指示があり、専務理事が以下の平成27年度事業活動報告ならびに収支決算報告を行った。
T 紙製容器包装のリサイクル状況
・指定法人事業実績(平成27年度市町村からの引取実績量、再商品化販売量)、環境省容リ法に基づく分別収集・再商品化の実績(平成26年度実績)、当推進協議会調査推計結果(平成26年度実績回収量・回収率)を報告した。
U 平成27年度 活動経過報告
1.経済産業省・環境省合同審議会進捗状況
 平成28年1月に審議が再開され、「容器包装リサイクル制度の施行状況の評価・検討に関する報告書」がまとめられた。紙製容器包装の識別マークの区分について、「紙製容器包装の回収量拡大の観点を含め、市民に分かりやすい識別表示への検討を引き続き行うべきである。」と考えられる施策の例として取り上げられた。
 <容リ法改正対策委員会活動>
  @3R推進団体連絡会の幹事長として経済産業省リサイクル推進課と合同審議会対策会議を
   5回開催(平成28年1〜3月)
  AISO/JISに即した包装の環境配慮設計に関する手引き及び事例集検討委員会
  (平成27年10月〜平成28年2月)
  B第3次自主行動計画(2016〜2020年度)の作成
  C経済産業省紙業服飾品課委員会(平成28年1〜3月)
2.紙製容器包装のリサイクル実態把握のための調査活動
 <技術委員会>
  @「紙製容器包装の環境配慮設計の考え方」を改訂
  A3年に1度のモニター調査を実施(名古屋市)
  Bヒアリング調査及び組成分析調査
 <総務委員会>
  @市町村の回収量アンケート調査(人口10万人以上の295市区対象)を実施 
  A回答いただいた291市区に調査集計報告と「3R改善事例集 第9版」を送付
3.リデュース・リサイクル推進のための事例研究と広報・啓発(総務委員会)
  @3R事例研究として「3R改善事例集第9版」による情報発信
  A「エコプロダクツ2015」に出展(12月10−12日:東京ビッグサイト)
  B全国牛乳容器環境協議会にて、「紙製容器包装の識別マーク見直しによる
   紙パックリサイクルへの影響について講演。
4.自主行動計画と主体間の連携の推進
  @自主行動計画フォローアップ報告(12月9日:経団連会館 )
  A主体間の連携に資する取り組み
   「容器包装3R推進フォーラムin北区」「容器包装3R交流セミナー(静岡・福井・
    さいたま市)」「3R推進市民リーダー育成講座」
5.会員への情報提供
  紙推進協ニュースの発行(No81〜No84)、「3R改善事例集 第9版」を全会員に
  送付、ホー ム ページの充実を図った。
6.平成27年度収支決算報告
  収支決算報告後、両監事を代表して森永乳業株式会社 遠藤様より、平成28年5月10日に
  行った監査結果を報告した。
 ※ 第1号議案について議長が質問、意見を求めたところ満場異議なく了承された。
  
『第2号議案 新役員選出』
 本年度は役員改選の年であり、役員候補が理事会にて選出されている旨報告があり、専務理事が以下の説明を行った。
 新会長候補には引き続き凸版印刷株式会社の松田常務取締役に、副会長候補には森永製菓株式会社の白川取締役常務執行役員および日本製紙連合会の上河常務理事、日本製薬団体連合会の田常務理事が前任の野瀬常務理事に替わって副会長候補と説明した。
 専務理事、理事、監事については第2号議案の役員候補名簿のとおり。
※第2号議案について議長が質問、意見を求めたところ異議は無いため、平成28年度の新役員は
 候補名簿の通りに承認された。

 <松田新会長の挨拶>
 新体制においては、今後、審議会のサブグループ等での検討や、国あるいは指定法人が中心となって、有識者、関係者と連携しつつ検討する課題に対応し、事業者としての取り組みの成果をしっかりと示し、社会的コストの低減に向けた論議ができるよう準備したいと考えております。
 平成28年度も会員の皆様、一人一人のご協力をいただき、当推進協議会の活動が有意義なものとなりますよう、役員一同、力を合わせて頑張っていく所存です。よろしくお願いいたします。
 
『第3号議案 平成28年度事業計画案ならびに収支予算案について』
 議長から専務理事へ報告するように指示があり、専務理事が平成28年度事業計画案ならびに収支予算案について報告した。
 1.企画・運営
 <運営幹事会>
  @紙製容器包装のリサイクルにおける諸課題や、容リ法見直しへの対応等の検討
  A当推進協議会の運営方針、組織の検討
 2.容器包装リサイクル制度の見直しに向けた取り組み
 <容リ法改正対策委員会>
  @合同審議会においてまとめられた「報告書」に対する当推進協議会の具体的対応について
   検討する。
  A合同審議会の前に、容リ法改正対策委員会を開催し対策に取り組む。
 3.紙製容器包装のリサイクル実態把握のための調査活動
 <技術委員会>
  @2020年度を目標とする第3次自主行動計画の発表
  A2015年度を最終年度とする第2次自主行動計画のフォローアップ報告
  B市町村のヒアリング調査や組成分析調査の実施
  C紙製容器包装全体のマテリアルフローに関する分析
 <総務委員会>
  @人口10万人以上の市区へ紙製容器包装の回収量・回収方法のアンケート調査を実施
 4.リデュース・リサイクル推進のための事例研究と広報・啓発
  @リデュース(軽量化・薄肉化、簡易包装化等)促進などの参考になる事例調査研究、
   普及啓発。改善事例をまとめた「紙製容器包装3R改善事例集」の発行
  Aリサイクル関連の企画・展示会の運営のサポート
  B「容リ法見直し」に関する会員セミナー(8月2日開催予定)
  C具体的な削減量の調査方法について討議
  D会員への情報提供:「紙推進協ニュース」発行
  Eホームページの充実
 5.自主行動計画と主体間の連携の推進
  @3R推進団体連絡会として、第3次自主行動計画の取りまとめを行い発表
  A自主行動計画の目標達成に向けた取り組みを進め、第2次自主行動計画の最終年度
   (2015年度)の成果を12月に経団連会館で、フォローアップ報告会を開催し、
   その成果を公表。
 『平成28年度予算案』
  川村専務理事より平成28年度予算案の内容を説明した。
  ※報告後、第3号議案に議長が質問、意見を求めたところ満場異議なく了承された。
 
 議長は、以上をもって議案の審議はすべて終了した旨を告げた。
 
◇総会後の懇親会
松田会長から本日の懇親会出席と、日頃の色々なサポートとご協力に対する謝辞及び取り組みが述べられた後、以下の来賓の方々からご挨拶をいただいた。
 ・経済産業省 産業技術環境局リサイクル推進課 課長 深瀬 聡之様
 ・経済産業省 製造産業局 紙業服飾品課 課長 渡邉 政嘉様
 ・環境省 廃棄物・リサイクル対策部企画課 リサイクル推進室 室長 田中 良典様
 ・農林水産省 食料産業局 バイオマス循環資源課 食品産業環境対策室 室長 河合 亮子様
  乾杯を白川副会長にしていただき、懇親会をスタートした。
  上河副会長による中締めにより散会した。
 

バナースペース